タイ古式マッサージの特徴と効果について

タイ古式マッサージの特徴と効果について

タイ古式マッサージは、「ふたりで行うヨガ」「世界一気持ちいいマッサージ」とも言われ、人気上昇中のマッサージです。
一般的なボディケアマッサージの指圧では、肩こりや腰痛改善のために一部分を集中的に揉み解すことが多くなりますが、タイ古式マッサージでは、全身をくまなくマッサージすることが特徴の一つです。全身の筋肉を刺激し緩めることで、体内のめぐりを良くし、免疫力や自然治癒力を高めるという考えに基づいています。
施術を行うセラピストの方も、指の力だけではなく、手のひらや肘など、体のあちこちを使いながらマッサージを行います。通常のマッサージでは、お客様はうつむけになったり仰向けになったり寝ているだけですが、タイ古式マッサージでは、あぐらをかいて座る等、ヨガのようなポーズをとることもあります。そこにセラピストが手を貸してストレッチを行い、指圧だけのマッサージでは難しい個所の筋肉もゆるめることができます。揉み解しにストレッチが加わることで、マッサージ後の揉み返しが起こりにくく、マッサージ効果も長く続きます。
このような説明を聞くと、痛いのでは?体が硬い人はムリ?と考える人もいますが、無理に身体を引っ張ったりすることはなく、優しく筋肉にアプローチするマッサージです。時間をかけてゆっくり行うので、リラックス効果もあり、心身ともに癒されます。

 

ホームに戻る